文字列の中から数字を取り出す(数字が中間にある時)

文字列の中から数字を取り出したいときに、数字が前部分にある、もしくは後ろ部分にある、というときなら簡単に取り出せますが、(ご参考)
「文字列の中間に数字がある」という場合はちよっと難しくなりませんか?

文字列の中間から数字を抽出したい時は以下のような関数をお試しください。

続きを読む

VLOOKUPではできない、検索値が範囲内で重複している場合

検索値に対する他の列から値を返して表示させるのはVLOOKUP関数でできます。
しかし選択範囲内で検索値が重複してある場合、VLOOKUPでは検索した一番最初の結果しか返してくれませんので、2個目以降の値を返してくることができません。

そんなときに使うと便利な関数です。

返した値の重複が何個あるか分からない場合、縦方向に並べるのは不要な空白セルができて見栄えが良くないですよね。
横方向に並べると良いと思います。

どういうことかというと

続きを読む

オートフィルコピーでアルファベットを連続挿入したい

数値や日付などは、ひとつ入力した後セルの右下にマウスを合わせてドラッグする方法、オートフィルコピーで自動的に連続挿入できますが、アルファベットはできません。
オプションからユーザー設定リストに追加する方法もありますが、面倒です。

また、A~Zまでで良ければ、例えばA1に「A」を入力して、別セルに「=CHAR(CODE(A1)+1)」を入力してオートフィルコピーすればできますが、Excelの場合は「Z」の次に「AA」「AB」・・・と続きますので、この式では「Z」以降が記号になってしまい続かないのです。

そこで、少し工夫してExcelの列のアルファベットを全て挿入できるようにしてみます。
関数を先頭のセルに入力して後はオートフィルコピーで入力できる方法です。

続きを読む